読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的勉強用ブログ

もう一度読む山川○○シリーズより

大陸の人々

日本史 古墳文化の発展

朝鮮半島や中国との交渉がさかんになると、

大陸から多くの人々が日本に渡ってきた。

多くは半島での戦乱や飢饉をのがれてきた人びとであった。

 

5世紀までに、秦氏・漢氏の渡来が伝えられ、

5世紀末から百済高句麗に圧迫されると、

さらにこの地域の人々が渡来してきた。

これらの渡来人、朝廷は帰化人とよんだ。

 

彼らは畿内とその周辺に住み、

朝廷の文筆・財政などの行政実務、

さらに鍛冶・武器製造・機織・製陶・土木・建築などの生産部門や、

動物の飼育などの分野で大きく貢献した。

 

これらの技術者集団である史部や、

韓鍛冶部・錦織部・陶部などは、

みな帰化人によって形成された。

広告を非表示にする