読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的勉強用ブログ

もう一度読む山川○○シリーズより

プラトン:理想を求めて

倫理 古代ギリシアの思想

プラトン<前427~前347>は、

初めは政治家を志していたが、

青年時代に出会った師のソクラテスの刑死が、人生の転機になった。

正しい生き方を貫こうとしたソクラテスを刑死に追いやり、

権力争いにあけくれる当時のアテネの政治の堕落に、プラトンは絶望した。

そして、理想的な正しい国家や人生のあり方を考えるために、

哲学の道に進む決意をし、やがてアカデメイアと呼ばれる学院を開いた。

 

プラトンは、哲学とは永遠の、普遍的な真理を求めるものであると考えた。

人間が感覚によってとらえるものごとは、

つねに変化し、やがて消滅する不完全なものであるとする。

 

プラトンは、理性のよって思い描く、

ものごとの完全な姿を実在するものと考え、

それをイデア(idea)と呼んだ。

イデアは様々なものごとの原型・模範となるものであり、

追い求めるべきものごとの理想的な姿である。

 

プラトンによれば、

世界は感覚がとらえる、たえず変化し、やがて消滅していく

不完全な現象界と、

それらの現象の原型となる完全で永遠のイデア界という

二つの世界から成り立っている(二次元論的世界観)。

しかし、肉体をもつ人間は、ふだんは現象界に閉じ込められ、

感覚がとらえる不完全な現象のみが現実だと思っている。

 

プラトンはそのような人間を、

洞窟にとじこめられた人にたとえている(洞窟の喩え)。

外には太陽が輝き、洞窟の入り口には松明が燃え、

その前をさまざまなものが横切る。

洞窟の中の人々は入口に背を向けて洞窟の壁をみつめており、

松明の光により洞窟の壁に映し出されるものごとの影絵を見て、

それを現実だと思い込んでいる。

プラトンは、その影にとらわれず、

振り返って洞窟の外に光り輝く真に実在するイデアの世界をみよ、と呼びかける。

 

人間の魂はかつてイデア界に住んでいた為、

この世でイデアを模倣したものごとをみるたびに、

イデア界を思い出す(想起・アナムネーシス)と説いた。

イデアに憧れ、永遠のイデアを求めようとする欲求はエロース(eros)と呼ばれる。

 

プラトンは人間の魂を理性・意志・欲望という三つの部分に分け、

魂の理想的なあり方を考えた(魂の三分割説)。

プラトンはこのような魂を二頭立ての戦車にたとえている。

御者は理性、白い馬は意志、黒い馬は欲望をあらわす。

理性は名誉心をもった白い馬を励まし、

貪欲な黒い馬にむちをあて、たくみに戦車をあやつる。

知恵をそなえた理性が身体に正しい命令を下し、

意志をはげまして勇気を吹き込み、

欲望をおさえて節制させる。

魂の三つの部分が知恵・勇気・節制という徳をそなえ、

魂が全体として調和のとれた秩序を保つとき、正義の徳が生まれる。

理性を中心にした秩序正しい魂からは、正しい行為が生まれる。

 

これに対して、魂の三つの部分の関係が逆転して、

理性が統率力を失い、意志が弱体化して、

欲望がわがもの顔にふるまって、

魂を支配する無秩序な状態が不正である。

 

プラトンがといた知恵・勇気・節制・正義の四つの徳は、

古代ギリシアの四元徳と呼ばれる。

 

プラトンは、若い頃にアテネの政治の堕落に失望して以来、

国家の理想的なあり方について考え続けた。

彼は魂と同様に、国家を理性・意志・欲望にあたる三つの階級にわけて、

理想国家の計画をたてた。

知恵をそなえた統治階級が正しく国家をおさめ、

戦死階級が勇気をもって国家を守り、

納付や職人などの生産階級が節制を保ちながら勤勉に働く。

このように三つの階級が、それぞれの役目を忠実に果たす時、

国家は全体として秩序ある正しい姿になり、

国家の正義が実現する。

 

プラトンは統治者にふさわしい人間は哲学を学び、

善のイデアを知る知恵を身につけねばならないと考えた。

善のイデアは、さまざまなイデアに善きものという価値を与え、

イデアイデアたらしめる究極のイデアであり、善の理想である。

 

善のイデアを知ることは、あらゆるものごとに善いという性質をあたえる、

普遍的な善の理想を求めることである。

哲学者は善のイデアに従って、たえず国家や人生の善きあり方を追求し、

そのような哲学者だけが、

善のイデアを基準にして国家をただしくおさめ、

国家の正義を実現できるのである(哲人政治)