読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的勉強用ブログ

もう一度読む山川○○シリーズより

古墳の築造

日本史 古墳文化の発展

3世紀後半の邪馬台国の記事を最後に、

ほぼ1世紀あまり倭に関する記録は、

中国の歴史書から姿を消すが、

日本では3世紀後半には、

近畿地方や瀬戸内海沿岸・九州北部に古墳がつくられはじめた。

古墳弥生時代の集団墓地とは異なり、

特定の個人をほうむることを目的とした大きな墳丘を持つ墓であり、

古墳がさかんに築造された3世紀後半~7世紀の文化を古墳文化と呼ぶ。

 

4世紀頃の前期古墳は、多くは前方後円墳という特異な外形で、

集落や水田を見渡す丘の上に、

自然地形を利用してきずかれた。

墳丘には石を葺き、円筒埴輪をめぐらし、

内部には竪穴式石室や粘土槨をつくって棺をおさめ、

副葬品としては鏡・玉・剣などの呪術的なものを多く用いた。

 

大きな墳丘をもつ古墳は、新しい政治支配者の出現を示している。

中心は大和であったが、

前方後円という一定の形がひろまったことは、

地方の首長がしだいにヤマト王権の身分秩序に編入され、

服属するようになったことを物語るであろう。

 

4世紀末から5世紀にかけての中期古墳になると、

数もいちじるしく増え、

東北地方南部から九州地方南部にかけてひろく分布していいる。

誉田御廟山古墳(伝応神天皇陵<羽曳野市>)、

大仙陵古墳(伝仁徳天皇陵堺市>)などが有名である。

 

墳丘はいっそう大きくなり、濠をめぐらし、

横穴式石室があらわれ、

副葬品も馬具・鉄製武器などが主となっていった。

支配者の性格が司祭者から軍事的指導者にかわったのであろう。

広告を非表示にする