私的勉強用ブログ

もう一度読む山川○○シリーズより

政治と国家

人間は誰でも、家庭をはじめ、

学校・企業・国家・国際社会などの社会集団に属し、

その中で生活している。

社会集団の中では、

個人や集団の意見が対立することがしばしばある。

社会秩序を維持し、

争いの無い平和な状態をつくりだしていく為に、

意見の対立や利害関係を調整する機能が必要とされてくる。

この機能を果たすのが政治である。

 

政治は、たとえば家族のような小さな家族集団から、

国際社会のような大きな社会集団にいたるまで、

あらゆる社会集団で普遍的に機能している。

政治がうまく機能し、その目的を果たすためには、

決定した事柄を、その決定に不服な者も含めて、

強制的に守らせる力が必要になる。

この力を政治権力、または単に権力という。

 

さまざまな社会集団のなかでも、

国民・主権・領域という三要素を持つ国家は、

政治が典型的に機能している社会集団である。

主権とは、領域内における最高権力のことで、

対外的には自主独立の政策決定権をいう。

国家主権のように、国家の最高意思を決定する権力という意味でも使われる。

広告を非表示にする