読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的勉強用ブログ

もう一度読む山川○○シリーズより

人類の誕生

日本史 文化のはじまり

地球上に人類があらわれたのは、

今から約500万年前の、地質学でいう鮮新世のはじめごろで、

これに続く更新世にかけて人類は発展した。

更新世氷河時代にあたり、

地球上に寒冷な氷期と、比較的あたたかい間氷期とが

かわるがわるおとずれた。

 

当時、日本列島はまだアジア大陸と地つづきで、

氷河時代の間にいくたびか形をかえた。

宗谷津軽対馬などの海峡によって大陸から切りはなされたのは、

最後の氷期が終わろうとする、

今から1万年あまり前の、完新世に入ったころと考えられる。

 

更新世の日本列島には、

ナウマンゾウ・マンモス・オオツノジカなどの大型の動物がやってきたが、

更新世の人骨の化石は、

静岡県浜北(浜北市)、沖縄県港川(八重瀬町)などの

石灰岩の地層から発見されているが、

いずれも遺物をともなっていない。

 

人類は猿人・原人・旧人・新人の順に進化したと考えられ、

浜北や港川の人骨は新人にあたる。

 

1931(昭和6)年に兵庫県明石市で発見された人骨は、

原人の段階にあるものとして明石原人と名づけられたが、

最近の研究では新人であることが判明し、

さらに完新世のものとする意見が強い。

広告を非表示にする