読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的勉強用ブログ

もう一度読む山川○○シリーズより

古墳文化の発展

大陸の人々

朝鮮半島や中国との交渉がさかんになると、 大陸から多くの人々が日本に渡ってきた。 多くは半島での戦乱や飢饉をのがれてきた人びとであった。 5世紀までに、秦氏・漢氏の渡来が伝えられ、 5世紀末から百済が高句麗に圧迫されると、 さらにこの地域の人々が…

倭の五王

『宋書』倭国伝によると、 5世紀には讃・珍(弥)・済・興・武とよばれる倭の五王が 中国南朝の宋につぎつぎ使いをおくったという。 →大和の王 その目的は、倭の国内における支配権と、 朝鮮半島南部に対する軍事権を中国皇帝に認めさせることにより、 倭の東…

大和と朝鮮

4世紀初め、中国では魏・呉・蜀のあとをうけた晋が、 北方民族の侵入をうけて江南に移り、 朝鮮半島では北部の高句麗が楽浪郡をほろぼし、 南部では4世紀中ごろ、 馬韓から百済、辰韓から新羅がおこってそれぞれ国家を形成した。 半島南部の伽耶(加羅)とよば…

古墳の築造

3世紀後半の邪馬台国の記事を最後に、 ほぼ1世紀あまり倭に関する記録は、 中国の歴史書から姿を消すが、 日本では3世紀後半には、 近畿地方や瀬戸内海沿岸・九州北部に古墳がつくられはじめた。 古墳は弥生時代の集団墓地とは異なり、 特定の個人をほうむる…